知識を学んでよりお得な廃車買取を実践していく情報サイト

廃車買取

廃車買取業者はどんな車でも買取可能なのか

黄色の車

廃車買取業者は、どんな車でも基本的には買取をしてくれます。買取価格は、業者によって違いがありますが、スクラップ工場に持って行くよりかはプラス収支になります。
動かない車を、なぜ廃車買取業者は買取をするかですが、使える部分を資源として販売するからです。また、レッカー移動や手続きなどを業者自身が行う事で経費が浮き、買取価格を依頼者に支払えます。
業者によって廃車買取価格は変わるので、少しでも高く買取して欲しい場合には、ネットのサイトなどを利用して、評判が良く実績のある業者を選ぶのがポイントです。
廃車買取業者には、全国展開している所や個人で行っている所など様々なので、そういった部分も判断材料にするのも一つの方法です。
廃車業者に依頼する時注意したい点があり、それは税金などの払い戻しです。自賠責保険や自動車重量税、自動車税などは経過していない分払い戻しが可能です。
自賠責保険は、有効期限が1ヶ月以上あれば払い戻しの対象となるので、保険会社に直接連絡をして手続きをする必要があります。
自動車重量税は車検が残っている場合、その分還付されますが自動車の場合永久抹消登録、軽自動車は返納届けなどの条件が付きます。
自動車税は、4月1日時点で車を所有していると、1年分支払いをするので、可能な場合には、4月前に廃車するのがおすすめです。

廃車買取が注目を集める理由

走行距離や年数の問題で、もう中古車としての価値がないような車や、故障をしてしまった車は、廃車を考える事になります。
ただ、廃車をする為には、費用がかかる事になります。
費用をかけずに車を手放したいと考えるのであれば、廃車買取の利用がおすすめです。
中古車業者の場合、もう一度販売できる車の買取を行っているので、廃車するしかない状態の車は、買取対象となっていません。
廃車買取の場合、車を海外に輸出する為、もしくは部品のみを取り出して販売をする為に買取をしています。
走行距離を考えると、日本では廃車にするしかない車であっても、海外ではまだまだ走行可能という事も多く、輸出ができる車であれば、まだしっかりとした価値があります。
更に、故障をしていても、部品が無事な車であれば、車自体の価値はなくても、部品としての価値は残ります。
ですから、車の価値というのは簡単にはなくならないものです。
勿論、一般的な中古車買取に比べると、査定額は安く、場合によっては0円と変わらない状態になる事もあります。
ですが、例え0円であっても引き取って貰う事ができれば、廃車にかかる費用を支払う必要がなくなります。
ですから、廃車買取は、とてもお得に車を処分できる方法として注目を集めています。

廃車買取で高額査定が付きやすい車種

通常の買取業者と廃車買取業者で高額査定が付きやすい車種が異なるというのはご存知でしょうか?もしかするとあなたのお車は廃車買取業者の方が良い査定がつくかもしれません。ではどのような車種が廃車買取業者での査定に向いているのかというと、一つはワンボックス系です。もう一つはディーゼルタイプタイプの車で、これらが廃車買取業者向きだという理由は海外需要が高いという面です。
日本では過走行や年式が古い車は中古車市場で不利とされておりますが、海外では商用車を中心にまだまだ現役で走れるという車は多数あります。通常の車買取業者と異なり、廃車買取業者は海外への輸出ネットワークを持っている例が多いですのでこのようなことが生じるのです。続いて、SUV車種も年式が古かったり過走行の場合ならば廃車買取が適しているケースがあります。
こちらの場合はパーツの需要が高い為、事故車などで仮にもう走れないという場合であっても各部品で価格が高くつく可能性があるのです。もちろんそのほかの車種であっても、現在は多くの車の部品がリサイクルできるという環境になりましたので、需要は必ずどこかにあるものです。廃車手続きをご自身で行うだけでも労力と数万円の金額が必要ですので、その前に廃車買取業者に一度問い合わせてみる価値はあるでしょう。

INFORMATION